BLOG

ブログ

今回の私の気になる建物探訪記は、大阪の谷町にある「杏」というカフェです。


古くからの建物や高層の建物が混在する町の、
通りから少し奥まったところにあるのが、こちらの「杏」さん。
その昔、ナッツの加工工場として稼働していた建物を改装されたそうです。
建物は、通りからは決して目立たないのですが、ふとその存在に目を留めると、
古いコンテナが建物として使われていたり、
建物やウッドデッキには木の素材感が感じられ、
植栽は建物の屋上にまで広がっていてその存在感はとても印象的です。

外観から見えていたコンテナは、
室内のカフェスペースに入り込んだような仕様になっています。

また、照明は設備用ガス管の内部に電球が仕込まれていたりと、じっくり店内をみているとこだわりがぎゅっと詰まっているのが感じられます。

ガス管のようにかつてのナッツの加工工場で使われていたものが、
本来の用途とは異なる機能として新たに照明として活用されていたり、
昔の面影を残したデザインがあちらこちらに点在しているのがとても特徴的です。
席数は2人掛けテーブルが4席と、店内はとてもこじんまりとしていて、
照明も少し薄暗く、落ち着いたゆったりとした時間が流れていました。

さてさて、今回の美味しいものはこちら。
さつまいもとラムレーズンのパフェ。休日の至福のひととき。

ナッツや焼き菓子も販売されていて、どれもとても美味しそう。
やっぱり、建物探訪に美味しいものは欠かせません!

大鋳