TOP > 家具 > オフィス・店舗の造作家具・内装のパーツに着目! [2]
オフィス・店舗の造作家具・内装のパーツに着目! [2]

オフィスや店舗の内装に欠かせない細部のパーツ。

前回、オフィス・店舗の造作家具・内装のパーツに着目! [1] では、スイッチやプレート、家具ハンドル・つまみ、サインについてご紹介しました。

ここでは引き続き、造作家具や内装の細部のパーツに着目し、ブラケット・棚受け、造作テーブルの脚など、空間の印象を引き締めてくれるようなデザインのパーツの一例を探してみたいと思います。

ブラケット・棚受け

棚板を支える棚受け。それ自体が見えないように施工すると、すっきりした印象になります。

一方で、棚受けを見せる施工をする場合、こだわりを持ってデザインされたものを選ぶと、空間のアクセントとしてその存在感を活かすことができます。

 

リングの棚受け / toolbox

リングの棚受け

 

リングの棚受け

棚板をいかにも支えるのではなく、そっと壁に接して、浮いているかのように見せてくれる棚受け。
支持材として単体で主張するのではなく、重いはずの棚板をさらりと載せて、板と一体となって完成された家具のように見せてくれる。
どんな板でも、鉄のリングは家具としてきちっとまとめ上げてくれ、すっと壁に取り付く。この軽快さがたまらなく良いんです。

 

【BOU】コの字シェルフ / 有限会社 上手工作所

コの字シェルフ

 

コの字シェルフ

用途に合わせて組み換え、拡張可能な家具です。
黒皮鉄のパイプを軸にしたパーツにお好みの棚板を組み合わせて完成します。
奥行は200と300の2サイズ。パイプ部分のみと棚板のセットからお選びいただけます。

棚板の位置は付属の六角レンチでいつでも上下可能です。但し、あとからパーツを増やす場合は一度壁面にビス止めしたパーツを外さないと増やす事はできません。
出す向きを変えれば棚受けとしてではなくかばんや帽子をかけるフックとしても使用できます。

 

フラットバー棚受け / 有限会社 上手工作所

フラットバー棚受け

 

フラットバー棚受け

シンプルかつスタンダードな黒皮鉄の棚受け。スタイルを選ばず、どんな部屋にも映えます。
もちろん強度も抜群。本やオーディオ器機等のレイアウトにおすすめです。

S : W32×D190×H190
M : W32×D240×H240
L : W32×D340×H340

 

アイアンフレーム ラダーシェルフ / SQUARE

アイアンフレーム ラダーシェルフ

 

アイアンフレーム ラダーシェルフ

SQUAREオリジナル、大人気のラダーシェルフ ショートサイズ。オイル仕上げで、鉄の素材を楽しんでいただけるDIYフレームです。
シンプルなデザイン、存在感のあるウォールシステム。
はしご状のフレームを壁に取り付け、お好きな棚板を通すことでシェルフが完成。
壁を利用した無駄のない、スマートな収納が実現できます。
用途に合わせ、思い通りのレイアウトで組み合わせをお楽しみください。
奥行きが違うsingle,doubleの2タイプよりお選びいただけます。

 

造作テーブル・造作家具用 - 脚

造作テーブルや家具をつくるとき、天板はもちろん、その”脚”も大切です。

できるだけ細くてシンプルなものが良いのか、あるいは重厚感のあるものが良いのか。テーブルに合わせて、素材もデザインもベストな脚を選びたいですね。

 

スチール脚(丸)/ 有限会社 上手工作所

スチール脚(丸)

 

スチール脚(丸)

カウンターやテーブルの脚にオススメです。
SIZE:W150×D150×H685 (アジャスター含む)
素材:黒皮鉄
仕上げ:オイル塗布

 

アパッチ脚(トリイ)/ 有限会社 上手工作所

アパッチ脚(トリイ)

 

アパッチ脚(トリイ)

無垢材の重厚感のあるテーブル用脚。
厚めの無垢天板や、足場板の天板におすすめ。
(天板は別売りです)

SIZE : W(オーダー)×D800×H670
素材:地松
仕上げ:オイル仕上げ(クリア or ダークブラウン)

 

固定式バー付 II型 / SQUARE

固定式バー付 II型

 

固定式バー付 II型

テーブル用の鉄脚タイプ。

無塗装黒皮仕様の無骨でシンプルなデザイン、お好みの天板にビス止めするだけでデスクが完成します。

本体:約 700×100×H 670mm(アジャスター込)
取付ベース:約 700×100mm 厚 4.5mm
アジャスター高:約 10mm(+20mm程度延長可)
脚の太さ:40mm角パイプ

 

アイアンホイール / toolbox

アイアンホイール

 

アイアンホイール

ローテーブルやTV台など、ちょっと動かせると便利なものの脚として。
インドネシアの鉄工場でひとつひとつ手作りされているアイアン金物シリーズのホイール(車輪)です。

溶接部分は手仕事感たっぷりの出来だし、ものによっては材料の鉄に打たれた文字が入ったままだったりする。
そんな、いい意味での雑さが魅力のアイテムです。

 

 

 

(出典:toolbox / 有限会社 上手工作所 / SQUARE)

 

まとめ

ここではブラケット・棚受け、造作家具・テーブル用の脚をご紹介させて頂きましたが、こちらも、あくまでもほんの一例です。

空間のイメージに合わせて細部のパーツにまでこだわりを持ってみると、ますます空間そのものに愛着を感じられるようになると思います。ぜひ、これだ!と思うものに出会えるまで、じっくり探しみてください。

細部へのこだわりの積み重ねが、その空間の空気感を作り出してくれますよ。