WORKS

施工事例
  • TOP
  • WORKS
  • 高齢者福祉施設 スーパー・コート南花屋敷/改装工事

高齢者福祉施設 スーパー・コート南花屋敷/改装工事

1Fフロアのエントランス・共用スペース、2~4Fの共用スペースの改装工事をさせて頂きました。

特にエントランススペースは、入居者の皆様の大切な生活空間でありながら、お客様をお迎えした時には施設の印象を左右する大切な空間です。大胆にフェイクグリーンを取り入れ、全体的に明るく、柔らかい雰囲気を感じられる内装計画を行いました。

  • 竣工:2019.09
  • 施工面積:1F:167㎡、2~4F:各160㎡(共用スペースのみ)
  • CLIENT:株式会社スーパー・コート
  • DIRECTOR:Keiichiro Hori
    PRODUCER:Akane Okita / Momoka Minami
    PLANNER:Midori Ooi
  • 協力:フェイクグリーン/株式会社グリーンフィールド
CONCEPT

明るく柔らかい雰囲気かつ、上質な空間づくりを行うことで、入居者さんの生活空間の向上を目指します。

POINT

エントランスの壁面は、大胆にフェイクグリーンを使った印象的なデザインです。
フェイクグリーンを斜めに切り取るようなラインには間接照明を入れて、よりそのラインを際立てることで、空間のアクセントとしました。

このエントランスの壁面には突板を使っていて、触れると木の質感を感じることができます。
天井や壁のクロス、床の塩ビタイルにも木目を使っていて、全体的に柔らかい雰囲気作りをしていますが、壁面の本物の木の質感が、空間をぐっと上質な印象に変えてくれています。
また、エントランススペースのみ照明の色温度を変えて、より柔らかい雰囲気を表現しています。


さらに、サインデザインにもこだわりました。
共用サインはエントランスの壁面と同じ斜めのラインを使っています。その斜めラインは矢印方向も表現していて、そこにピクトグラムと文字を使って視覚的に分かりやすく、かつ内装になじんでくれるような配色のサインをデザインしました。
個室の室名サインも、今回新たに内装イメージに合わせて製作しました。