「オフィスの通路幅の目安とは?」
「オフィスレイアウトに関する法令規定は?」
「通路幅を考慮したレイアウトの例を知りたい」
これらの疑問に直面していませんか。
本記事では、オフィスの通路幅を最適化するための実践的なアドバイスと、法的要件を満たしながらも機能的で快適な作業空間をデザインする方法について、詳しく解説していきます。

オフィスの移転をご検討中の方は、ぜひご参考ください。

オフィスの通路幅の目安とは

オフィスの通路幅は、快適で効率的な職場環境を作る上で欠かせない要素です。
建築基準法に則った法令規定も踏まえ、安全かつ機能的なオフィスレイアウトについて、5つのポイントに分けてご紹介します。

メインの通路幅

オフィスの快適性と機能性を高めるためには、メイン通路の幅が重要な役割を果たします。
理想的な通路幅は、スムーズな人の流れと安全性を保証するために、最低でも120cm以上を推奨します。
さらに、通路幅はオフィスの雰囲気や働き方にも影響を与えるため、デザインと機能性を両立させることが重要です。
たとえば、クリエイティブな作業には広々とした通路が刺激を与え、集中を要する作業には静かで落ち着いた空間が効果的です。
オフィスの規模や業務内容に合わせて、最適な通路幅を設計することで、働く人々の満足度と生産性が向上します。

関連記事:オフィスレイアウトの基準寸法や通路幅を徹底解説

座席間の通路幅

座席間の通路幅はオフィスの機能性と快適性を大きく左右します。
適切な通路幅は、スペースの有効活用と従業員のストレス軽減に直結。
一例として、通路幅を効果的に設定することで作業効率が向上し、オフィスの動線がスムーズになるでしょう。
また、家具の配置を工夫することで、限られたスペースでも快適な通路幅を確保することを提案します。
これらの実例から、通路幅の最適化はオフィス環境を効果的に改善する重要な要素であることがわかります。

デスク間の通路幅

デスク間の通路幅は、オフィス効率と従業員の快適性に大きく影響します。
理想的な通路幅は約80cm〜120cmです。これにより、快適な動きやすさとプライバシー保護のバランスが保たれます。適切な通路幅は労働効率を高めるだけでなく、従業員のストレスを軽減します。
デスク間の通路幅を適切に設計することで、効率的かつ快適なオフィス環境を創造しましょう。
具体例として、モダンオフィスではフリーアドレスデスクと組み合わせて、柔軟かつダイナミックな作業スペースを実現できます。

書棚や収納庫がある

書棚や収納庫の配置がオフィスの効率と雰囲気を左右します。
効果的な収納計画により、オフィスはスッキリし、作業スペースが広がるでしょう。
たとえば、オフィスレイアウトの際には収納家具の配置を考慮し、通路の確保と利便性を最適化することが重要です。
また、書棚や収納庫を活用してフリーアドレス制を取り入れることで、オフィスの柔軟性と利用効率を高められます。
オフィス内の収納計画は、働く環境の質を向上させ、生産性を高めるキーとなるでしょう。

座席背面が壁の場合の通路幅

座席の背面が壁に面するオフィスレイアウトでは、通路幅の配慮が重要です。
理想的な通路幅は、安全かつ快適な作業環境を提供するために重要です。幅が狭すぎると、従業員の動きが制限され、作業効率や快適性に影響します。
たとえば、座席と壁の間には最低でも100cmのスペースが必要です。
これにより、椅子からの立ち上がりや移動がスムーズに行え、ストレスの少ない作業環境が実現します。

オフィスレイアウトに関する法令規定

オフィスのレイアウトを検討する際、ただ単にスペースを有効活用するだけでは不十分です。
レイアウトを計画する際に知っておくべきポイントをわかりやすく解説します。ぜひご参考ください。

建築基準法

オフィス設計の重要な要素の一つが建築基準法に基づいた通路幅の確保です。
この基準は安全性と機能性を高め、快適な職場環境を提供するために不可欠です。
たとえば、通路幅はオフィスの種類や家具配置によって異なるからです。
また、車椅子を利用する人のための通路幅の基準についても考慮する必要があり、多様な働き方をサポートするオフィスデザインの一環として重要と言えるでしょう。
実際のオフィス設計において、これらの基準を遵守することは法律遵守はもちろんのこと、働く人々の安全と快適性を確保するために不可欠です。

通路幅を考慮したレイアウトの例

オフィスのレイアウトを決める上で、通路幅は重要な要素です。
それぞれのスタイルがどのように通路幅を活用し、作業効率やコミュニケーションに影響を与えるかを詳しく解説します。

  • ・対向型
  • ・背面型
  • ・クラスター型
  • ・同向型
  • ・ベンゼン型

対向型

「対向型」のレイアウトは、向かい合うデスク配置により、コミュニケーションを活発化させるデザインです。
この配置は、社員間の短距離でのやりとりを促し、チームワークと協働を強化します。
とくに、クリエイティブな業務や、頻繁な情報共有が求められる職場に最適です。
また、オフィスの空間を効率的に利用し、通路の幅を適切に確保することで、安全性と快適性を両立させます。
対向型レイアウトは、チームの一体感を高め、創造的なアイデアの交換を促進するための理想的な選択肢と言えるでしょう。

背面型

「背面型」のレイアウトは、チームメンバーが背を向けて配置され、個々の集中力とプライバシーを高めることが特徴です。
このレイアウトは、コミュニケーションを維持しつつ、集中を必要とする作業に適しています。
たとえば、背面対向型では、イスを回転させるだけでチームメンバーと容易にコンタクトを取れ、効率的なコミュニケーションが可能です。
しかし、パーティションを使用する場合、コストがかかることがデメリットとして挙げられます。
このレイアウトは、ディスプレイを見ながらの対話を容易にし、集中力を維持しながらもチームワークを促進します。

クラスター型

「クラスター型」のレイアウトは、協力と創造性を促進するための現代的な解決策です。
このスタイルでは、従業員が小グループの「クラスター」で配置され、コラボレーションとコミュニケーションが自然に生まれます。
クラスター型レイアウトはスペースの最適化にも貢献し、動線の効率化を実現可能です。
さらに、Kokuyo Marketingの研究では、このレイアウトが従業員の満足度を高め、生産性を向上させると報告されています。
クラスター型レイアウトは、チームワークを重視する現代のオフィスに最適な選択肢です。

同向型

「同向型」のレイアウトは、全員が同じ方向を向いて作業するスタイルです。
このレイアウトは、学校の教室のように一列に並んだデスクが特徴的で、社員が集中して作業に取り組むのに適しています。
とくに、個々の作業が重要な職場や、少ないスペースで多くの人を収容したい場合に効果的です。
しかし、同じ方向を向いているため、チーム間のコミュニケーションが取りにくいというデメリットもあります。
このレイアウトはプロジェクターとの相性が良く、視線の先にスクリーンを設置すれば、会議室に移動せずとも自席でプレゼンテーションが可能です。

ベンゼン型

「ベンゼン型」のレイアウトは、革新的で効率的な働き方を実現します。
このレイアウトは120度のブーメラン型デスクを使用し、デスクを六角形の内側に沿うように配置します。
これにより、各メンバーが背中合わせに座り、集中力を高めつつ、必要に応じて素早くコミュニケーションを取ることが可能です。
一人当たりのデスク面積が広く、複数モニターの配置にも適しており、IT業界やデザイン業界での利用にとくに適しています。
ただし、このレイアウトは、スペース効率には若干の課題がありますが、社内のコラボレーションを促進し、生産性の向上に貢献するでしょう。

オフィスの通路幅は種類によってさまざま

オフィスの通路幅は作業効率と快適性に大きく影響します。
一般的に、メイン通路は最低でも100cm以上、デスク間やキャビネットのある通路では80cm以上を推奨します。
さらに、座席背面が壁の場合や狭いオフィスではとくに注意が必要です。
安全規定に則りつつ、効率的な動線を確保することで、ストレスフリーな職場環境を実現できます。
具体的な通路幅の基準を知ることで、オフィスレイアウトの計画に役立てましょう。

 

株式会社ヴォーエルではオフィス・店舗の内装デザイン設計から施工までを自社で行っております。

内装工事の現場からの視点と、デザイン的な視点の両方を持つ私たちだからこそできるご提案を追求し、オーナー様の思いを「カタチ」にする空間をご提案させていただきます。

また弊社は大阪を中心とした関西圏以外にも、関東地域でのご依頼もご対応致しております。
まずはお気軽にご相談ください。

大阪のオフィス移転は株式会社ヴォーエル